index
日刊本日号
くらしだいすきリスト
パソコン格闘記
台所詩情
ギャラリー1号館

ずっと穏やかに暮らしたいから、だから悲しみの記憶は忘れない!

今年も、クリスマスプレゼントを呼びかけます。

 今年も東北大震災原発被災地飯飯舘村にクリスマスプレゼント贈りましょう。
 8月19日分 今年のクリスマスプレゼントについて思いを述べた結果ですが、
 「ささやかでも続けること」の賛同も得ました。
 しんどい時は無理しないでささやかにで、参ります。

 大きなことは出来ないし、大きな力にはなれないけれど、あの悲しい出来事を黙認することだけは、
 同じ同胞として恥ずかしい気がします。
 今日、被災から5年半、改めて、住めなくなった美しい村の秋の光景を思い出しながら、
 原発大国日本のこれからの不安を覚えています。
 誰かが、「住むところが無くなってしまう」と言いました。
 妄言で済まされない現実、未来、
 被災者のみならず日本人の心底に疼く痛みに心を寄せる、ひとつのチャンスでありたいと。

 内容は、例年と同じです。
 あくまでも、無理をしない形でご参加ください。
 今年はパスの方も当然あっていいと思います

 あなたの一品。形も自由に、もちろん量は問いません と、あくまでも緩やかな呼びかけです。

  •  締切は、11月末日 クリスマスを目途に一括送ります。
  •  今年も事務局させてもらいます。 一括して送るだけの仕事ですから。
  •  送り先は、ルートのできた飯舘村福祉協議会です。
  •  再度 絶対条件は、無理をしない。自分のできることで、楽しんで、あくまでも緩やかに。

 その他疑問はお問い合わせください。

 老体 今年も勝手に事務局をやる気でいます。
 頼りない呼びかけですが、ご賛同いただけたら幸いです。 


        2015年9月   勝手事務局 手仕事 黒


うまくまとまりませんが、おいおい直してゆくつもりです。



  2016年12月6日、発送いたしました。
  仲間の力を改めて感じます。
  ありがとうございました。