index
ギャラリー 1号館
クリスマスプレゼント
パソコン格闘記
台所詩情
バックナンバー
たそがれをかがやいて あかるい遺書を綴りたい
2017/8/1(火)

2017/8/31木)

 2017年8月 22日(火) 晴れ、割と風がある。

早朝に酔芙蓉を採りに来られたのは、近所のお茶の先生。夏のお茶花に重宝してくださる。
擬宝珠に続いて酔芙蓉、やがて数珠玉と、うちの庭の花達、他所さまでご活躍。
裏庭には秋海棠、ピンクの花びらが、卵の黄身のようなしべを挟んで、可憐なこと。
絶対、シンメトリーにならない、葉っぱも面白い。この変形の葉っぱ秋海棠には意味があるのかなぁ。

歯医者へ。
痩せたり膿んだりで、がたついてきた入れ歯に詰め物をしてもらっていた。
すこぶる調子が良くて、今までで一番の快感だった。
つい、素人は、こんなもんで辛抱するのかと思いがちだが、先生は「わたしの仕事は、モノが美味しく食べられること。 それが完璧にできるようになるまで、何度でも、、」というお答え。

入れ歯自体が、減ってきているし、新しいのに変えようかなぁ とも思っている。
今調子がいいんだったら、9月の胃カメラ検査が済んだらにしましょう と。
この歯医者さん、正解だった。
患者が納得して安心させてくださるのは、歯科技術だけではない。
胃の検査クリアして、もう最後になる入れ歯を作ろう。

何をするでもなく、午後。
まぁ今日は、ひとつ懸案事項が済んだんだから。
ごろごろ。
昼寝も宵寝も、いのちのうち。

今日のまでい

8/22
  • ちらし寿司、夏バージョン
  • 冷やし茶わん蒸し
  • 新さんま
  • ミニきゅうり糠漬け

冷やし茶碗蒸しは、歯の為、朝のうちに用意しておいた。杞憂に終わったけど。
夏ちらし寿司、ちりめんじゃこ、シイタケ、きゅうり、みょうがであっさりと。


 2017年8月 21日(月) 晴れ

お盆明けの月曜日。世間が動き出した。
NTTの人が来て、なんちゃらなんちゃら。
〇〇新聞が来て、なんちゃらなんちゃら。
いずれも、ワタシひとりで決められないことだから、ゴメン、御苦労さま。

 帯にかかりたいんだけど。
この帯はこうして、あの帯はコレを作ってと絵は描けて来た。
かなり無理して、やってみたらを期待してるんだけど、
どうしてもという輩は帯の世界にもあるもんで。
娘の帯、梅鉢に小花のは成人式に締めた。地味ではあったけど。
亀甲は、締めているのを見た記憶がない。
娘の成人に張り切ったのはワタシ。
そのころ、ちょこっと、お勤め帰り、着付け教室に通っていたから(今思うと、なんでお稽古に行く気になったのか、ワカラン。一緒にゆく同僚がいたわけでもなし。)
椅子の背もたれで、必至に帯結びの練習をして、なんとかなりそうな、望みを持っていた。(コレも、今思うと、娘が着崩れして恥をかかない着付けなんて、 出来るわけないのに。無駄をたくさんやってますなぁ。)
従って、締めたことが無いのに金糸が切れて傷んでいるところがある。
グリーン系の丸帯は、戦前の結婚式の帯。
いわゆる、嫁ぎ先の仏前で式を挙げた頃のもの。
近所のお年寄りからその時の和服も付けて、頂いた。
敬遠したい近所姑で、断りもできず、しばらくは「何ができた、どんなんするのぅ?」と攻められた。
てんと見ないけど、そりゃまぁ、もう90越えていらっしゃるから。

さっさと、出来るものからかかればいいのに、うーん、存在が大きいだけに、苦の種。
日刊打ちながら、ハサミを入れてしまえば、なんとかなるかと。

今日のまでい

8/21
  • 豚冷しゃぶ、水菜、おろしぽん酢、おおば
  • ほうれん草の胡麻和え
  • いかくんときゅうりの辛子マヨ
  • 茄子、ミニきゅうり糠漬け

糠味噌がいい塩梅。やっぱり、甕にしたのがよかった。重いから棚から、持ち出すのが大変だけど。


 2017年8月20日(日)晴れ 

張り切って 2枚目のエプロンドレス。
お揃いでブラウス。これなら、そのまま、お使いにも出られるでしょ。
エプロンの首まわりが大きい分、ブラウスの襟元は詰めたかった。
ボウで華やかに結びたかったんだけど、布不足でスタンドカラーに。
なんぞで、鶏がら状の皺と骨だけの首を隠したかった。
袖も、もうちょっとは長くしたかったんだけど、コレも布ぎりぎり。
まぁ短い方が、邪魔にならないから。
重ねて撮ると、はっきりわからないねー。













相変わらず残りの食材の始末。
今日はひとりだから、新しいことやってみよう。
うちは塩鮭、辛い方が好きだから、いっつも中辛を買うのだが、しょっぱいのお孫ちゃんによろしくないかと甘塩の切り身を買っておいた。
焼いてもねー。
一切れをへいで、片栗粉を薄くまぶしてから揚げ。
スライス玉ねぎを氷水でパリッとさせて盛る。
上から、塩、レモン、オリーブオイルでドレッシング、
コレはいけるわ、たまねぎが美味い。
隣りはお精進のそうめん。湯葉としいたけ、庭の柚子は初物だし。
ご飯を炊かなかったので、仏様のお相伴。

ひとりの一日のたのしさよ。

今日のまでい

8/20
  • 揚げ鮭の玉ねぎドレッシング
  • お精進のそうめん
  • 茄子、きゅうり糠漬け

ひとりの夕食。揚げ鮭は、次はおろしぽん酢で和えてみる。おおばを刻んで


 2017年8月 19日(土)晴れ、蒸し暑い 

お盆明けは、いいなぁ。
肩の荷物と緊張が無くなって、食材はあるし、家は一応きれいだし。

「すてきにハンドメイド」を買う。
見つけたぞー、お励ましの1行。
おとなのスタイ。
赤ちゃんのよだれかけ風の胸エプロン。
バーベキュゥの前掛けにもなるし、ジャケットの下のジレにもなるし、、。

みつけたのは「裁縫時などのエプロン、糸くずなども取りやすくて便利です。」
コレ! 昨日針仕事用のエプロンドレスを作っていたばっかりに、援護射撃を受けたようで、うれしくなった。
悩んでいる人あったんだ。
テキストのように小ぶりではないが、ちゃんと用を果たす、わたしのエプロンドレス。

「良かった」でとどめておけばいいのに、たった1行のお励ましを受けて、今日ももう一枚。
どっちで作ろうかと迷っていた布もあったので。
弾んで、ついでにエプロンを作った残りで、ブラウスも作ろう。
布が足りるかどうかを考えるのも楽しくて、終日、満足の針仕事。
作りだしたら、1枚で終わらないのが常で、コレが欠点でもあったわけだけど、テキストのたったの1行で、後ろめたさなく、ご機嫌。

懸案事項 ひとつ。
今年のクリプレ。
一寸呼びかける自信がないなぁで、結論は決めているんだけど、
6年の記録と、あの力を合わせた日々のことを、どう大切にしてまとめられるか。
毎日考えて、まだ形にならず。

今日のまでい

8/19
  • うなぎ櫃まぶし風の人 
  • とろろ丼(長芋、梅干し、海苔、わさび醤油)の人
  • レタス、トマト、ミニきゅうり
  • 小芋、油揚げ、セリの味噌汁
  • 茄子、きゅうり糠漬け

今日も残りもの、うなぎの切れっぱしで。タレだけ買って。


 2017年8月18日(金)雷雨、晴れ また小雨 


あぁびっくりした。今朝の雷。
更新しようと、パソコンの前に座った途端。
夏の夕方の雷雨は、今年少なかったのに、今どきになって。
「梅雨明けかみなり」、「雪起こし雷」は聞いたことがあるけど、季節の変わり目、新しい季節の生まれるとき、宇宙の陣痛のような激しい雷になるのだろうか。

今年は、朝夕の水遣り、少なかったなぁと気が付いた。
そういえば、このあたり、水遣りの光景も、いつの間にか見なくなった。
朝の散水でしぶきの中に虹を見て、夕方の水遣りで、夜の涼しさを呼ぶ。大概はステテコ姿の男性の夏の風物。
水撒きのお庭が無くなった。
あんなに大事になさっていた前栽も、コンクリートで固められたお家もあるし。
夕方も朝も夜中も光景そのものが、区切りを無くしてしまっているのかもねー。

出来た奥さんで、慈しみ深い母も、唯一、害虫視されることがあった。(とりあえず言っておこう)
針仕事による、糸くずのまき散らし。
主人はしょっちゅう黙って、靴下の糸くずを取っていた。
目だったのはトイレマット、起毛の素材に、糸くずがもぐりこむ。
引き戸の動きが重いなぁと思っていたら、戸車に巻きついた糸くず。
フンコロガシのように思われていた。フンコロガシが害虫かどうかは、知らんけど。

とりあえず、アトリエを出るとき、バサバサッと糸くずが払えるもの、針仕事の作業着がコレ。
ペラペラの化繊がいちばんサラッと落とせる。
身体を縛らない方がいい。「作業着でございます」では楽しくない で愛用しているもの。
さぁ、これ着て明日から、楽しみましょう。
当面帯だと、裏にわたる金糸銀糸を受け止めてくれるだろ。

2mの布を二つ折りにして、首の穴を空け、袖ぐりをくっただけのもの。後身頃を前でくくり、前身頃を後ろでくくるだけのも。
簡単だけど、実は、ミシンもアイロンも化繊は、お嫌いのようで、縫いにくい。
昨夜写真を撮って、こりゃ袖なしのワンピースにしか見えないやと、横から写真を撮って見た。
蛍光灯の灯りと、自然の灯りではこんだけ色に違いが出るんかぁ。
サイドからの写真が、布の色。

今日のまでい

8/18
  • カニ玉の八宝菜あん
  • 塩サバ
  • じゃこおろし
  • 茄子、キャベツ糠漬け

かに玉は、冷凍で残っていたもの。ちまちま残った野菜もついでに使って。このところ、残りもん、ばっかりですなぁ。


 2017年8月17日(木) 晴れ

昨夜のこと。
最後は、焼肉パーティで、ご満足のお孫ちゃんたち一家、帰ってゆきました。
明日からまた忙しい日を過ごすことでしょう。
息子氏も夜勤に出ました。

ひとり。急にひとり。
あらかたの後始末をして、ワタシも焼肉で、ゆっくりしようと決めました。
もちろん肉を焼くなんて大胆なことは、はなからムリで、残った野菜と海鮮で。
もちろんタレの焦げるニンニク臭に参っていたのでポン酢で。

ひとりの夕食は、疲れてもいたので、ホントはお茶漬けさらさらで済ませた方が似合いそうで、焼肉では、寂しさが余計迫って来るかとは思いました。
そうではありませんでした。
自分のペースで、食べたいものを網にのせてはのゆっくりの食事も、なかなかいいものでした。
ワタシも強くなったなぁと思います。楽しかったお盆の日々がベースになって興奮が続いているのも確かです。

もう、お孫ちゃん一家が揃ってきてくれるのは最後でしょう。
お正月には、太郎君も草太君も、受検直前。来てもらう方が、ハラハラします。
おばぁちゃんににぎやかなお盆をと、パパとママの配慮だったのでしょう。
寡黙だった太郎君、高校生になると、おしゃべりが弾むようになりました。
もはや、住む世界もセンスもかけ離れているのに、多分、コレも、おばぁちゃんにという配慮でしょう。

いいお盆を過ごさせてもらいました。
夏が越せたなぁという感慨があります。

わたしの秋の日になります。
今日は針仕事用のエプロンドレスを作りました。いわば、勝負服です。
針仕事用と限定するのは、特に糸くず対策で、いろいろ条件があるのですが、「カイ(こざと偏に鬼)より始めよ」の心境でいい秋を願っているのです。

大事なこれからの秋にします。

今日のまでい

8/17
  • 天ざるおろし蕎麦
  • 蕎麦湯
  • キャベツ糠漬け

蕎麦好きの人たちにとお取り寄せした蕎麦の残り。


 2017年8月 12日(土) 晴れ

常、ブツブツ言いながらでも、何でもメデタクしてしまう性質だから、ありふれた「ケ」の日も、つまらなくはないんだけど、
だから、その分、「ハレ」の日は、うんと「ハレ」の日にしたい。
「ケ」の日の延長では満足できず、張り切ってしまう。
盆と正月、何が楽しいかって、常、気楽に暮らしているから、少しの緊張ができること。
子供や孫のためにと言いながら、実は、自分の緩んだ気持ちを立て直す快感。
だんだん、出る幕は少なくなっているけれど、精一杯、お盆を楽しみたい。

少し大きなスーパーへ買い出し。
京都まで出ようかと思ったけど、来客は都会暮らし。
しゃれてみたところで、あるいは外食したところで、このあたりではたかが知れている。
ココはひとつ、昔ながらの、もっさりした、皿小鉢を並べることに。
ヒマにあかせてネットで仕入れた新メニュゥも。コレは料理好きの太郎君の感想が聞きたい。
思いっきり台所に立てるのがうれしい。
ついでに、盆明けがラクなようにと、午後は1sの鶏から揚げ、800gのハンバーグ、青森のネバリスターで、冷凍とろろ芋つくりで、冷凍に。。
ありがたがってもらえるかもわからないし、買えば何でもあるのだし、生活様式だって違うし。
単なる押しつけで、母親顔の自分に、あんまり利口じゃないなと苦笑しながら。

お盆をこんだけ楽しめたら、充分な「ハレ」の日にさせてもらえる。

明日から16日まで、日刊はお休み。
バァサン、張り切った日々を過ごして、いい秋のスタートにする。

今日のまでい

8/12
  • 鶏から揚げ
  • 塩クラゲ、きゅうり、トマトの中華風
  • 大根と豆腐のサラダ、花かつお
  • 鮎佃煮
  • 下田茄子、ミニきゅうり糠漬け



 2017年8月 11日(金) 晴れ  夜、少し雨

 誰かに叱られて、謝っているみたい。
いいえ、自分を叱って。
きれいなプリントを引っ張り出して、もう一枚。

アレもしてコレもしてと盆前の気ぜわしさの中で、やっぱり、ちょこっと。
型紙を片付けてしまわないからこうなるわけで。
貯めるよろこび。ワタシ断捨離中。???


例年、今の時期、クリスマスプレゼントの呼びかけをしていた。
今年はどうするか、ずっと考え中。
結論は出しているんだけど。
「今年は自信ないあなぁ。」

言いだしっぺがひとりで結論を出すのは怖いし、
世の中、被災者を逆なでするような、冷たい仕打ちはますますだし、
これからこそが、忘れ去られてしまわないための正念場だし、
せっかく楽しんできたこと、せっかく、お仲間のつながりができたこと、
それを、「ハイ 終わり。」で片付けたくないし。

もうちょっと考えることにして。

今日のまでい

8/11
  • 牛肉と玉ねぎの焼肉ソース炒め
  • 焼売(生協)
  • 鮎家のあゆ佃煮(頂き物)
  • ほうれん草おひたし
  • 下田茄子、大量丸かぶり



 2017年8月 10日(木) 晴れ 午後雨

朝はコーヒーだけにして。一仕事してお昼前朝食。
気温が上がって来たら、きっと、いちばんの漬かり加減になるはずと、下田茄子に期待して。
ありがたいですなぁ、この気楽な暮らし。

うまいことは行ってるのよ。ほら、昨日お布団干して正解。午後の通り雨。
昨日の延長で押入れの整理。
ホントは整理して断捨離が理想なんだけど、そうにはならん。
「コレがあった」「あぁコレ何かに使おう」で、ごそごそしているだけ。
コレがまた嫌いじゃないから。

昔はもっと几帳面だった。
お布団の間から「洗濯済みカバー。使う前に、一度お日さまにあてる。」と古いメモ。
毛布の間から、「必ず毛布カバーをかけてください。〇〇呉服店に有ります。」だって。
今はもうこのお店潰れているんだけど。
なんでもかんでも、カードに書いて貼り付けておいた。
健気な嫁さんやっていたわけでもなく
大家族で女手がたくさんあったから、かえって、こういう伝達が必要だったのだろう。
あるいは、日常の小さな衝突を避ける術だったのかも。
今なら、すべて我が手中。雑物、不要物抱えて、まぁもうしばらく。
子供たちに引き継ぐ気持ちはないし。

押入れの中に、我が家の歴史を見て、お盆前の仕事。終日ごそごそ。

今日のまでい

8/10
  • 塩サバ
  • レタス、トマト、ミニきゅうり 生ハム
  • たこときゅうりの酢の物 生姜
  • 水菜と油揚げの煮物
  • 下田茄子糠漬け

生協。お盆用食材が大方で、重いジュースや瓶ものも頼んで、ラクさせてもらった。


 2017年8月 9日(水) 晴れ

 アリガトサン。
暑くなるのは解かっているけど、今日は、お日様に頑張ってもらって。
寝具の準備と、布団干し。

押入れをひっくり返して。相変わらず満杯状態で、この際と、毛布の処分。
家中が、毛のもさもさした毛布は、好きでないから、どうしても古びないで残ってくる。
使うものだけに毛布カバーをかけて、冬準備もできた。
処分するって言ったって、単に、布置き場に移動させるだけで。いつか、きっと、マット類の芯に使うと。

昔ながらの薄い綿入れの夏蒲団は捨てがたい。もはや、いつ新調したかも不明。
簡単に家で洗える軽い肌掛けがあるのにねー。

干して、取りこんでの繰り返し。
かなりの頑張りだったけど、それより往生したのは、たたんで、セットに組んでが、暑くて。
いつまでも冷めないお日さまの熱いふとん。

恥ずかしながら、またおんなじあっぱっぱ。
おもしろうて、おもしろうて、だけど、大丈夫かとも苦笑の作。
楊柳、5o角の格子。
薄いから、スカート部分だけ裏つき。

夕方、下田茄子到来。ごろごろと大量。
漬物用に高知の茄子を買って来たんだけど、影が薄くなって、揚げひたしに。

今日のまでい

8/9
  • カツカレー
  • たこ(宮城県産)お刺身
  • なす揚げひたし
  • 大根と水菜のサラダ、天かす 青紫蘇ドレッシング
  • きゅうり、みょうが糠漬け

大概は、北海道か泉州のたこだけど、今日は珍しく、宮城県産。軟らかすぎる感じで、歯ごたえが無い。


 2017年8月 8日(火) 晴れ

 今日はびわこ花火大会。
例年、30万人から40万人の人出があり、今年で34回目を迎える。
で、この人ごみに紛れ込んでしまった迂闊。

台風一過、お盆の布団を用意するには、どこかすっきりしないから、図書館に。
大概は朝一の図書館ゆきだし、貸出期限ぎりぎりに行くのだけれど。
魔が刺したというべきか、ワタシもヤキが回ったと言うべきか、張り切りすぎてるというわけか。
幸いにも、朝一にカレーが煮上がったし。
一仕事してから、「図書館済ませて来よう」と決めた。午後3時。

京阪電車がこんなに混んでるのはじめて、特に京都からのいっつもの空電車。オエーッ。
道路の両脇に屋台、オエーッ。
路上の観光バスの間をかいくぐって、オエーッ。
お巡りさんも湧いて出た感じ。
帰りに電車3本見送ってほうほうの体。

花火の音を聞きながら、相変わらずの夏物。
大きな柄は、柄合わせが難しくて。
布の不足分、パイピングは別布。
コレはコレでいいんだけど、
さて、どうしたら。
後ろの方が目立つから、切り替えでちゃんと柄合わせ。
前は、いちばん自然な柄でと、胸切り替えで柄の上下がテレコになったけど、苦肉の策。
難儀して仕上げると、もう一つやってみようと思うから、また布探し。
コレがいちばんアブナイ。ちっとも、キリが付かない。

今日のまでい

8/8
  • カレーライス
  • レタス、トマトサラダ、ポーチドエッグ
  • 玉ねぎとわかめの味噌汁
  • きゅうり糠漬け、らっきょ、福神漬け



 2017年8月 7日(月)曇り、小雨 

朝一に歯医者。先日抜歯の仕上がり具合良好。

済ませた後は、台風5号のニュースとお付き合い。
ようこんだけ、のろのろと曲がりくねって、日本列島を狙いますこと。
日中は小雨程度。静かすぎるのが不気味。
なんにも手に付ける気にならず、カレー作り。非常食にもなるし。
まぁ、琵琶湖を通過するまでと起きていた。
雨と風が出てきたのは、丁度日付の替わる頃。
もはや、近畿、東海の各地で被害状況が伝えられているし、県内でも避難指示の出たところもある。

疲れました。
夜中に敢行されている復旧作業や、不安の中に居る人たちのことを考えると、疲れたと言えるだけでもありがたいことで。

今日のまでい

8/7
  • マグロ漬け丼、山芋、海苔、わさび
  • 山芋ときゅうりの梅肉和え
  • ごぼうサラダ、レタス、トマト
  • 丸干しいわし
  • みつばと卵のすまし汁
  • 茄子、きゅうり糠漬け

今日のカレーは、明日用。疲れて、玉ねぎ炒めただけ。


 2017年8月 6日(日)晴れ 午後5分ほど通り雨 

ハイ、もう暑いです。バァサンには危険な暑さです。
従って、別荘行き取りやめ、針仕事取りやめ、買い物取りやめ。
息子氏にアイスいろいろ頼んで。だって、たとえ近くのスーパーでも、バァサンの足では、融けてしまうもの。

幸いなことに、食欲は落ちてない。
一昔前なら、そうめん3本で、なんとかの日が必ずあって、揚げ物したらするだけで、胸ぶくれの日があったのに。
長いこと、こんなこと忘れているなぁ。早く美味しいご飯食べようと思うもの。
一定、歳とると持病が治ったと聞いたことがある。体質が変わったんならありがたい。

静かに、仏様の磨き物。
ホントは、洋風仏壇に変えたいんだけど、シンプルだし、コンパクトだし。
お正念抜いて、また新しいのにお正念入れてもらってでは。
要は、祀る家族の気持ちなんだろうと思うけど、スルーするのは、なんだか、気色も悪い。
もっともらしい、かくかくしかじかの、こういう仏教のいわれ、すたれないねー。
一寸バチが当たりそうだな。コレも暑いさなかのめんどくささのせい。

ヒロシマ原爆の日。
72年、
原爆ドーム修復できれいになりすぎて、中に陳列されたあの日の修羅は、単に記念品化してしまいそうで、惜しい。。
こんな生易しいものではなかったはずだし、犠牲者も、残された家族も、ちっとも慰めにならないんじゃないかなぁ。
やがて、歴史の一駒になって、当時の愚作失政にベールがかけられてしまう。
核兵器禁止、廃絶のための世界のリーダーになることこそ、唯一被爆国のできる、やらなければならない大きな仕事。
それしか、被災者の霊を慰め、残されたもののこれからに、希望を与える力になれない。

原発しかり。
大きな犠牲を糧にできずに迷走する記念日は、台風の中。

今日のまでい

8/6
  • 牛しぐれ煮
  • えび、いか、小松菜の中華風炒め、春雨
  • 冷っやっこ
  • きゅうり、茄子糠漬け

中華風炒めは青梗菜の代りに小松菜。


 2017年8月 5日(土)晴れ 時々曇り 

 朝の家事が一段落して。
さぁ、今日の一日の楽しみと思いを巡らす)わけで。

アトリエのある良さは、すぐにかかれること、そのまま後始末をしなくてもいいことなのだが、コレはイコール、散らかしっぱなしということでもある。
ちょっと、針仕事に頑張ると、盛大にものがあふれて、主の自分でさえ、アレどこ行った で、探し物にイラつく。
捨てられない性分は、拍車をかけるから、楽しい場所はまた、乱雑の極みの場所になる。
糸は、巻終わりからほどけて絡むし、型紙は、パーツの一枚が、どこ行ったんだろになる。
捨ててはいないんだけど の繰り返しで、なるほど捨ててはいないんだけど、洋裁の本のページからはらりと落ちることも、他の型紙の袋に交じってしまっていることも。
趣味のものだから、自分の不始末に嘆いていればいいんだけど、こういうのって、直りませんなぁ。

ノミが整然と並んだ職人さんの仕事場の映像を見て、アレでこそいい仕事ができると、あこがれても。
一生探し物でいくんでしょうなぁ。
何がもったいないって、コレがいちばんもったいない。

夏物の型紙を片付ける前に、アッパッパ。
使うだけ使ったら、来年まで、きっちり残しておこう。
ちと派手だけど。もちろん、ワタシが着るわけでもない。
だから、丈は、気に入って着てくださる方に合わせることにして。

今日のまでい

8/5
  • 鶏胸肉から揚げ 揚げかぼちゃ
  • レタスの豚肉巻き ポン酢
  • トマト、ミニきゅうり、レタス盛り合わせ
  • 水菜 ハリハリ鍋、油揚げ
  • 茄子、きゅうり糠漬け

小鍋仕立て、暑い時の熱いもの、なかなかいい。
糠味噌がだいぶ熟れてきた。大きな甕にしてよかった。キャベツも丸ごと漬けられるし。


 2017年8月4日(金) 晴れ 割と涼しい

今日から草むしり。
今度は裏庭からゆく。
丁度お盆に表がいちばんきれいになるように。
それに、花のすくない今の時期、裏の方が魅力的で、
みょうが、日陰で頑張る千両のつぶつぶ、花を急いでいる秋海棠。隣りの庭から、さるすべりのピンク。
目がよくなったおかげで、それぞれの息吹きが見える感じ。
ありがたいねー。
目で苦労した分、ちゃんと取り返してもらった感じ。
おかげで多分、認知症の進行が止まってくれるだろ。

なんで、こんなことが楽しいんだろ、蚊を追っ払いながら、自分でもそう思う。

ほんの10日ほど先に照準を当て、自分の段取りで進められること。
何年か後の話は、もうテコに合わんし、壮大過ぎる計画でも、疲れてしまう。
身近な相手との身近な暮らしを考えることの、穏やかな気分。
いいなぁ、8月の持つしみじみした想い。
今年も満喫できるのよ。

午後はミシン。
型紙の出ている間に、もう少し夏物。
断捨離を目的としながら、作って貯めておきたいのは、変。

割と涼しいから、アトリエのクーラー壊れたまんまでいけるんちゃうか。
そうはいかんか。
滅却クーラーってのがあるのよ。
娘が見て、なさけながるかなぁ。

今日のまでい

8/4
  • 殻つきホタテ
  • 塩サバ
  • きゅうりもみ 焼きあげ、ごま
  • トマト、レタス、ハムのレモンドレッシング
  • 茄子糠漬け たくあん

見ると欲しくなる、殻つきの貝類。バター醤油で、はじける音といい香り。


 2017年8月 3日(木) 晴れ ときどき曇り

朝一カット。着々よ。
「もう、秋まで来ないから」と美容師さんに言ったら、「お金が残るはずだわ」と返された。
1回4000円のカットを、人様の半分にしたところで、それで、残るわけでもないと思うけど。
拘束時間が減るだけが、わたしの儲け。
待ち時間に棚の本、「成田屋の食卓」。海老蔵のおかぁさんの本。
他所の台所を覗くのはおもしろい。
「小鍋仕立て」がたくさんあったので、メモしていたら、貸すからどうぞ で借りて帰ってきた。
ただ、台所条件が違い過ぎて、お手伝いさんのいない家で、このメニュゥをこなすのは大変だけど。
よそ様の台所を覗くのはおもしろい。この方が今日の儲け。

新内閣発足。
ますます、政治不信になる絵柄。
まったくの砂上の楼閣。
なんにも解明、解決されてないのに、看板架け替えたって、衣裳替えたって。
加計友人はどうした。他愛ない話だけで、食事やゴルフが済むわけがない。
鴨池逮捕は、なんじゃ。片方逮捕したら、忖度という美名でつけ入れやすいようにスキを作った側も逮捕せにゃ。
防衛大臣の退任で済む問題か。政治は図々しさだけで大手をふれるのか。

庶民は、「4000円」で、人生の左右を語れるのがレベルなのに。
半分、「この人たちも、権力の犠牲者」という思いもあって、憎みきれない気持ちもある。
肝心要の当面の元凶、Aちゃんの責任に、もっと怒らにゃ。
巧みに萎えさせられそうで、それに乗せられんようにしないと。

今日から、またぼちぼちの針仕事。
ぼちぼちって言ったって。
何でもそうなんだろうけど、あれもこれも、今度はこうして と膨れてくるからね。
溺れるタイプは、自制が効かない。
まぁ、息子氏に言わせれば、「勝手に忙しがっていたら、、。」

今日のまでい

8/3
  • 回鍋肉
  • 春雨、きゅうり、ハム、炒り卵の中華風酢の物
  • カイワレ、かまぼこ、海苔 おかか醤油
  • トマト、ミニきゅうり
  • 小茄子糠漬け、ミニきゅうり糠漬け

生協。


 2017年8月 2日(水) 晴れ ばっちり暑い

だいたいですなー。
医者じゃ検査じゃで走っていると、どこか家が乱雑になる。
着替えた服は、ハンガーに掛かったままだし、「あとで」のチマチマ仕事が机に積み上げられたままだし。

8月は、いちばんの張り切り月。
常は娘や孫に何にもしてやれないのは、もうゴメンねの想いだけど、盆と正月くらいはと思うから。
そのためには、まんずこれらを片付けにゃ。
幸いなことに身体が動く。
幸いなことに暑さも忘れてる。
で、一日くるくる、元気モード。

幸いなことに、夕食のメーンは、カレー缶。
お盆にドカンとカレーを作っておくつもりだけど、ココでちょっとお味見しておけば。
近江牛の高級カレー。
息子氏のゴルフ大会の賞品。三位とある。
仏様に備えて、名誉を共に喜ぶふりして、こころは「三人で回った?」。こんなこと考えてるから、「商品」となる。(お昼に気が付いた。)
言わないよ。
上等だからって、そんなに美味しいと思わないし。
言わないよ。

カットの予約も取った。明日の外回りの段取りを並べて、準備着々。ハイ、よく頑張りました。

元気モードも、いいんだけどね。
一番乗りのATMにと、更新忘れて、ひとっ走り。
頭の緻密モードがちょっとね。(8月3日 朝。)

今日のまでい

8/2
  • 近江、毛利志満(もりしま)のカレー
  • アスパラベーコン、チーズ揚げ、枝豆盛り合わせ
  • カイワレと大根のおかか醤油
  • 茄子糠漬け

ゴルフ大会の商品ここもや、賞品で。カレー缶。



 2017年8月 1日(火) 晴れ 午前にわか雨

 
先日からずっと気になっていた、セミ。
裏のもみじの木。
長い間、土の中で蓄えていたエネルギーを爆発させて、たとえ短い命でも、夏の空を謳歌する。

それにしても大移動だ。
コレが、一斉に羽化するシーンを見たいと、狙っていた。
あろうことか、今朝はもう、もぬけの殻。
残念でもあり、愛しくもあり。
多分、あの鳴いている集団の中にいるんだろ。
羽は充分乾いたのか。
おのれたちの掟。産みの苦しみを誰にも見せずに、黙々と羽化した、小さな生き物。

8月。
セミのおかげで、光り輝く8月、スタート。

 


浴衣からあっぱっぱ。もう一枚、袖なしなら、採れるかなぁと考えていた。
柄が大きいとちと難しい。
思い立って、エプロンに。
こういう、ウエストの締らない服は、ラクだけど、いちばんの欠点は、炊事の時、どうしてもお腹のところが濡れること。
料理中は料理に必死だから、気づかないけど。終わってから、あら、冷たい となる。
せいぜい、お腹の付近は、白くないところをと考えて作ったんだけど。ばっちりと白を維持したい。
白がくすんで来たら、この洋服の命は終わる。
お腹の濡れを予防するエプロンを作ろう。お腹のところに、さらにポケットで厚くして。

エプロンは好みがある。
必ずエプロンをつけると言う人、つけない人。
昔よりエプロンする人が少なくなっているような気がする。
不要な時、台所にぶら下がっているのもイヤだし、紐のついた小物は、洗濯も面倒なもの。
まぁ、残り布もあることだしと。 
それに、この大柄、替え替えしたところで、ひと夏、おんなじ服を着ているとなりやすいし。
写真じゃあんまり、エプロン見えないね。

今日のまでい

8/1
  • 焼きしゃぶ、大根おろし、水菜
  • 白菜とほうれん草のおひたし
  • 下田茄子、高山小茄子 糠漬け

甕に、近江の下田茄子と高山の茄子が、漬かっている喜び。
まだちょっと、糠臭いけど、せっせとかきまぜてお世話します。

indexにもどる 前月以前の分は、上枠「暮らしだいすきリスト」からお入りください。