index
ギャラリー 1号館
クリスマスプレゼント
パソコン格闘記
台所詩情
たそがれをかがやいて あかるい遺書を綴りたい
2017/4/1(土)

2017/4/30(日)
BackNunber

 2017年4月24日(月) 晴れ

玄関を開けるたんびに、金木犀の落ち葉に悲鳴を上げているのを見て、息子氏、電のこを持ち出した。
鳥も巣立ったみたいし、バッサリ切ろうと。
ホントばっさり。

なんで、葉が落ちるかと講釈が始まった。
新芽が出て、太陽がよく当たるようにと、古い葉が落ちて新芽を守るんだと。
ホントかよぅ。
ホントだとしたら、命あるものの美しい輪廻。悲鳴を上げていた落ち葉が愛しくなってきた。

電のこというのは、動かしだしたら、止まらなくなるものらしい。
槇も梅も柚子も隣の塀に近づいているものは、バッサリバッサリ。
新しい悲鳴は、庭に盛り上がった、切り落とした枝。
しょうがないや。明日からわたしの仕事。何日かかるだろ。トゲの痛い木もあるしねー。
幹から小枝や、葉っぱを外して、生ごみに出す準備。
幹だけにして、この幹を、40pにカット。コレはわたしの手に負えないから、また、息子氏にお願いすることになる。
ため息ついていたら、咲きそろったアイリスが笑っている。
小さな庭でも、例年庭木剪定を業者に頼んだら、2万円するから、今年はゼロにして、美味しいもの食べようっと。


昨日一人で手の届くところだけ剪定したけど、今日はさすがに、電のこの威力。
風通しがよくなったけど、秋に柚子、こんだけ切って、生ってくれるかなぁ。

ちょっと面白いなと驚いてにんまりしていたのは、息子氏の作業。
かなり準備万端で、電のこを磨き、ヘルメットをつけて、長そでに軍手、ズックの装束で、脚立もかなり安定に配慮している。
危険だからどいてろと厳命する。
こういう風に仕事を進める人なのかと、意外な発見。
サンダル履きで、ちょこちょこと雑にやるタイプかと思っていた。ゴメン。
明日からのしまつ作業が、さぁたいへん。

今日のまでい

4/24
  • たけのこと牛肉のバター醤油ステーキ、木の芽
  • わかたけ煮、木の芽
  • わらびのとろろかけ、わさび醤油
  • かきたま汁、とろろ芋、みつば
  • ミニきゅうり糠漬け

たけのことくりゃわらびでしょう。ゆっくりとごきげんの春ごはん


 2017年4月23日(日)晴れ 

ちょっと早いけど、月末のお掃除。
外仕事で背中に逐電して温まり、中でお掃除。

芽吹きの季節に申し訳ないけど、ちょっとセイジ切らせて。
連休に車が入る予定だから、伸び放題では。
うちみたいちっこい車でも、「擦れる」と息子氏がうるさい。
切りだしたら、アレもコレも。
壁を這うヘデラもゴメン。ツルニチニチソウも、蔓を巻きつけて芍薬の首を絞めるの止めてんか。
裏にはぶわーっとヤツデ、もうじき南国的な花が咲く。葉っぱ間引かせてよ。

苦手な事務用事。
福祉関係の小冊子の感想を述べよとアンケート。
答えるためには、読まないと。
うーん、事例が暗すぎて、それで力が湧くようならいいんだけど、先に気分が萎えてしまう。
それでも、机に放っておいたもの1件片付いた。
まだ、保険の請求やらあるんだけど、こういうのってめんどくさい。
多分、期限が5年以内だと思うんだけど、しかし証拠書類の病院の領収書の日付、これには期限はないのかなぁ。
事務で月給貰っていた。
月給が無くなった途端、事務ほどイヤなものはない。

今日のまでい

4/
  • 天ぷら、穂先たけのこ、茄子、エビ
  • 鯖塩焼き
  • ひめかわとわかめの味噌汁
  • ミニきゅうり糠漬け

たけのこって、楽しいヤツだ。孟宗竹が終わって、はちくまで楽しむつもり


 2017年4月22日(土) 晴れ

 ほら、カワイイ。
帯の胴巻きの部分、つまり細いところで。
赤いカーブはそのままポケット、
コレも帯、裏側を借りてきた。
口はファスナー。帯の房も使いたかったし、寄せ集めて、小さなポシェット。
大き目を作るための前哨戦。
こうしたら、どうなる?のお試し。
小さいものは、なかなか手ごわい。
おんなじ工程が必要だし、小さいから、アイロンひとつだって、かけにくい。
硬いから、ハサミの中ほどに力を入れたら、ハサミの先が指に。おかげで、縫い代を切りこむとき、ついでに親指も切りました。
V字カットの血がにじみでる。
斜め掛けもいけるから、常の手元バックにしましょう。草むしり、スーパー行き。
カワイイ、バァサン用。

今日はじめて、正当うぐいすの声を聞いた。
のばすところは伸ばして、やっと、うぐいすのホーホケキョ。
練習終わりましたか。たいがい、どんくさい鳴き声でしたよ。

晴れているんだけど、どこか重くて、不安定。
これが、4月の空。
さつき晴れまで、ココも、ちょっとづつの変化中ですか。
まぁ、洗濯物が一日で乾くから、いい。

今日のまでい

4/22
  • たけのこご飯、庭の山椒はもう、葉っぱ長けすぎ
  • かつおのたたき
  • お茶わん蒸し
  • ミニきゅうり糠漬け

やーい、たけのこ。
しばらく、たけのこ生活をたのしむ。まぁ、うちの場合は、戦後の買い出しのたけのこ生活の方か。


 2017年4月21日(金)晴れ 

息子氏のお土産は天草のジューシーオレンジ。ドカンと二箱。
伝手があるらしい。毎年頂く。
あっさりして、薄皮の身離れがよく、食べやすい。
さっそく、生協のお仲間におすそ分け。

 なんかこのごろ草むしりのたんびに、また一からの感じがする。

このアイリス、明日さく。輝く朝日であれ。
つぼみの膨らみがはち切れんばっかりで。
3本ほどで、始まったこのアイリス、どうも、水仙やチュゥリップのように、大事にしてないような気がするんだけど、だんだん増えてきた。

庭に相性があるのはずっと感じてきた。相性のいいのはこのアイリス。
どうしても、根付いてくれないのはミヤコワスレ。なんで毛嫌いする。

ご近所さんに「気をつけや」と頂いたのは、木賊とナルコユリ、
花に危険はあるまいに、と思っていたけど、「気をつける」意味が解かった。
増えるわ、増えるわ。
ほうれん草が生えそろって来たとおもったら、ちゃっかりと、いっしょに木賊。
ナルコユリは、花準備。1ヶ所に植えたのに、家の南にも西にも、裏庭にも。
都会の地下鉄みたいに土の中で、根っこ張り巡らせているんだろうな。

庭に出たり、ミシンを踏んだり。
水仙とおんなじように早くから葉っぱを伸ばしていたアイリス、明日咲いても、1日2日で花が終わる。
窓の向こうに、白いハナミズキ。

今日のまでい

4/21
  • あげだし豆腐、ごぼう、みつばとちくわのかき揚げ
  • スモークサーモンの新玉ねぎ和え、イタリアンドレッシング
  • えのきとみつばの冷ひたし
  • ミニきゅうり糠漬け

庭のみつばを刈り取って収穫する贅沢。
サーモンに白い玉ねぎのみじん切り、きれい。だから、透明のソース。


 2017年4月20日(木) 晴れ 午後から曇り

 この形に決めたのは、硬くて厚い帯、せっかく苦労するなら、いや、闘うならという感じの方が。
自立して、形の崩れないものを考えていた。
特に、口部分、この厚さと硬さがないとファスナーの重みで、カーブが維持できない。
中央で接いで、幅を出したのも、骨代り。この骨が形を維持してくれる。筈。
この布、特に縫い代が重なった部分のカットができなくて、
とうとう、料理バサミを借りることにした。
持ち手は、帯と足し布の紺で作って。
コレは、裏表、付け間違いではない。
帯地に紺を乗せてみた。
わざと、パイピングの流れでこうしてみたんだけど、ちょっとうるさい感じ。
付け直してみるかなぁ。

先日作ったのとおんなじ形のこのデザイン、ヒントは、新聞のバックの広告。
かなり派手なバックの宣伝が毎日のようにある。
スパンコールを貼り付けて、ぎんぎらぎん、大きな花をくっつけて、電車に乗るとき大変だろうにと思えるほど。
形はおもしろいものがある。定型に無い冒険が新鮮。
年令で持ちもの、着るものを、ランク付けするのはマチガイだろうとは思うんだけど、明らかに、若いねーぇちゃん用としか考えられない。
バックごときで、こんだけ広告料使ってはカナワンなぁと、こっちが思うほど。
それでも、もっと見たくて検索するあたり、どこかに魅力があるんだろ。

帯2枚、完食。
まぁ、かかった以上、形にしなくてはと、地味にコツコツ、癇癪起こしながら、闘って。

今日のまでい

4/20
  • 生餃子、いか焼売(生協)
  • 新玉ねぎとトマトのサラダ、庭のまだ小さいほうれん草。
  • もろきゅう(生協のミニきゅうり)
  • あさり、赤だし
  • 白菜

生協。ミニきゅうり、いよいよ登場。待ってました。
このサイズがいちばん使いやすいし、バリッと新鮮。


 2017年4月19日(水)晴れ 

冷や冷や寒いから、炬燵に入って「ひよっこ」を見たのが運のつき。
続いて、肩こりをほぐす体操を見ながら、背中延ばしたり、丸めたり。
そのまま根っこが生えました。
「ええか ええやん」で日がくれた。
どてーっと一日、なんにもしない日、続行中。
炬燵ひとつで、一日が済む。

さぁ寝ようの前に、ため息ついたって、しようがない。
ふと思う。
ワタシ、ディケアには通えないなぁ。
起きて、着替えてなんて、出来ないなぁ。

今日のまでい

4/19
  • 塩サバ
  • 新じゃがの揚げ煮
  • 鱈の子の卵とじ(昨日の残り、崩れた魚卵を卵でとじて)
  • 豆腐のとろみ汁、片栗粉、擂り生姜
  • きゅうり糠漬け、らっきょ

小さな新じゃが、皮のままゆっくり揚げて、醤油と味醂で。
例年、この季節のメニュゥ。たまたまTVがコレをやっていたので。


 2017年4月18日(火) 晴れ時々曇り

生ごみを出して、雨のおかげで益々勢いを増した草むしりをしていたら、台所から声がする。
「卵はいけるんかぁ ハムは食べれる?」と息子氏。
こんな恥ずかしいこと、聞いてくださるな。ご近所丸聞こえ。
代休の息子氏、朝食の用意をするつもりらしい。

わたしの好き嫌いが激しいのは、恥ずかしい。外食のお誘いに気兼ねしてしまう。
食べ物のみならず、人にだってこうだから、昔、上司に言われたことがある。
「損するよ」。
損をしたかどうかは解からないが、どうしても治らなかった。
結局わがままで通してきたのだろう。

気を遣わせてゴメン。だけど、どしたん?風向きがいつもと違う。
「あと、洗っておくから」。いよいよどしたん?
おまけに、「今日は何にもしない日にしたら」と。

うーん、いちばん苦手。
残りのストーブは片付けたいし、帯のリメイクもちょっとづつ進めたいし、この間、返却するだけの図書館だったし。
「図書館、送っていく」ってさ。いよいよいよいよどうしたん?
「ゆっくりしたらいいよ、終わったら電話してくれたら、迎えに来るから」。
あららとびっくりして、ふーんと訝しい。

まぁ家の中だし許そうとか、男の人って、こういうこともあるわなぁで、せいぜい、波風立たないように暮らしてきた。
ついてゆけない事象は、無視することがラクだった。大概はこんな日よ。
もうちょっと言うなら、わたしだけが苦労している みたいな自信とひがみがあった。
勇んで、朝食を作る段になって、わたしのわがままな好き嫌いに気を遣わせてしまった。

終日、生暖かい風向きだった。
素直にさわやかな風と言えないところが、どうも、日ごろのわがまま合戦のせいか。
もうちょっと言うなら、この風向き、嵐になるかもとさえ。
おそるおそる風向き維持のために、だから夕食は、いつもよりワンランク上のお肉を買って、ワタシの分だって侘しくないようにと、エライ散在の破目になる。
ホントはね、カレーの鍋さらえのカレーうどんでよかったんだけど。

風向きのいいのも、しんどいものよ。

今日のまでい

4/18
  • 焼きしゃぶ、水菜大根おろし、
  • 鱈の子とたけのこの煮物、木の芽
  • ほうれん草の胡麻和え
  • かぶ、きゅうり糠漬け

今どきに鱈の子。好物だし、珍しいから。残念なのは、新たけのこではないこと。


 2017年4月17日(月) 晴れ お昼前から雨

コレは、うちの家のリフォームの時、おせわになった設計士さんの言葉。

今から7年前、このうちを大改修した。
7年前だからできたことで、今なら、一念発起にならなかっただろう。

何かにつけて、やっておいてよかったと思う。
雨が降れば降るで、風の強い日も、安心できる。
地震にはかなり敏感な方だけれど、地震を感じることが少なくなった。

そもそも家が好きだから、昔気質のいい仕事をしてくださった大工さんと、ちゃんと年寄り暮らしを考慮してくださった設計士のいわば作品をフィールドにして、
飾ったり、工夫したりと、家主としての手入れも楽しい。コレを「家遊び」と言っている。
「こんな風にやってみました」と、トイレマットとお揃いのカーテンの手作りを見てもらった時
「遊んでもらえる家はシアワセです。」と言ってくださった。
でかい箱モノを、自分らしい色にしてゆく楽しみがますます大きくなった。

友人が家を建てる。
夫婦とネコが1匹のご家庭。
メデタイ、晴れがましい、期待、焦り、なおかつ、気の利いた施主でありたいという気持ちも、今、満杯状態。
今迄使っていたカーテンをどうするか、新しいお家のサイズと違うらしい。
わたしなら、捨てないな。
家は住んでみないと解からない。
家族のセンスで決めてゆくものは、住んでから、ぼちぼち考えたら、それが我が家というものだと思う。
それまでは、ベニヤ板でもおっ立てておけばと、足を引っ張っておいた。
サイズを変えて、今のカーテンが意外とよかったり、やっぱ、これでは新しい家がかわいそうと思ったら、その時でいい。
次のボーナスでというのもいいじゃん。
余分なお金を使いたくないというのは、実は楽しみを膨らすことだ。
自分たちらしい家を長い間かかって作ってゆけばいい。
それが「遊んでもらえる家はシアワセです。」になるんだろう。
かく言うわたしも、いかにも気が利いた風にだんどりよくと走ったため、随分失敗はした。
極めつけは、おばぁちゃんのベット。終の棲家をと、はりこんだのだけれど、介護には不向き、意外と大きくて、身動きが大変で、
結局介護用品店から借りたため、泣く泣く捨てた。

これから、仮住まいへの転居が始まるらしい。
ひとつ気になったことだけ、伝えておいた。
ネコちゃんが一番大変だと思うよ。
すでに人間様以上に、自分のテリトリーを確立していたはず。
仮住まいや新居で、ものすごい不安を感じるのでは。
わたしが、青テント同様の骨組みだけの家で工事中過ごしたのは、もちろん、大工さん仕事に楽しみがあったのだけれど、うちのみーこさんにとって、新しい仮住まいよりもとも考えたわけで、
良否の結果は解からないけれど、ペットも含めて家族のこころの負担を少しでも少なくしたかったから。

疲れるなよぅ 疲れるよぅ。
焦るなよぅ、家は逃げはせん。

うち、リフォームして7年。
家の形はとっくに完成していても、まだ、ちょっと変えてみたいところ、手を加えたいところ、
それに、梱包したままの、段ボール箱もあって。
まぁ、一生分の楽しみのベースと考えようよ。

今日のまでい

4/17
  • カツカレー
  • 笹かれいから揚げ
  • 新玉ねぎのおかか醤油
  • かき玉汁
  • きゅうり糠漬け、らっきょ、福神漬け

今日もカレーで、喜んでいらっしゃるのはありがたいが、わたしは、揚げ物ついでに笹かれい。
好物なんだけど、ダジャレの感じもして。


 2017年4月16日(日) 晴れ

今日は、わたしの大切な知人の誕生日。
彼女はただ今、闘病中。わたしとお誕生日が近いから、毎年一緒にお誕生日迎えようね と祈ってきた。
ほら、今年もちゃんと迎えられたじゃない。おめでとう。

おおーおおー 洗濯日和。
ついでに布団カバーも掛け変えましょう。
白がすっきりしなくなったから、新しいのに。
うん、ものみな新しい季節。
古いカバーに付いている2mのファスナー、コレでまた悩みますわなぁ。
2mのファスナー、コレ、なんぞに使えるんちゃう。
捨てよか捨てまいか。ほどく手間を考えたら、あほらしなってきた。
捨てます! ドキドキするよな英断。

 帯袋。
単に帯幅を横にして四角に縫ったものだけど、これが一番使いやすい。
留め金がね、工夫の作。
蚊帳の掛け金、カンっていうのかな。刺し子糸のボタンホールステッチでくるんで。
蚊帳をなんとかと考えているから、ずっとそばに置いているんだけど、このカンから、登場してもらいましょう。
一定の重さがあるから、いちいち止めなくても、中の荷物の量で、融通を効かせて、落ち着くところで頑張ってくれる。
硬い布を無理強いするミシンに遠慮しながら、ひとつづつ仕上げ。

今日のまでい

4/16
  • カレーライス
  • サラダ、キャベツ、きゅうり、トマト、半熟卵
  • わかめのおすまし、玉ねぎ
  • 高菜漬け、らっきょ、福神漬け



 2017年4月15日(土) 細かい雨、時々晴れ

落ち着いた週末です。ただいま11時。定例のパソコンタイムです。
さっきちょっと囲碁場を覗いたら、いわゆるチャット場で、爺さんたちの会話が盛んです。
酒の肴の話しやら、東京大空襲の話もあって、ココも週末の憂さ晴らしの夜更けです。
お昼間、時々通りでにぎやかな声がしたのは、最後のお花見グループでしょう。小雨で、ちょっと気の毒でした。

いっぱい、やること、やりたいことやったから、気分は上々。
カレーの玉ねぎを炒めながら、うーん、楽しんだわと思えるのが、ありがたい。
お肉も、カレー粉をまぶしておきました。一晩、コレで寝かせるのがうち流。
ここまでが今夜の仕事。
カレーの要望を聞きながら、一日延ばしにしていたのは、カレーを作るとカレーだけしか食べないから、いやだなぁという思いもあって、
それにワタシ、何食べましょうと、別に考える手間もあります。
カレーでは、お飲み物と合致しなくて。ビールがダメだから。
決行したのは、単にマッシュルームが安かったから。
台所を預かる者の、大いなる勝手を有効利用しております。

11時半、これから「ひよっこ」タイム。
考えたら、今日3度目。
おもしろいとか好きとかまではまだなっていませんが、なんか、ほっこりと懐かしいのです。
そんで、おやすみ。
枕元に本を並べて。あららぁ今日の返却日を忘れておりました。もはや、日付の変わったこの時間では延長ができません。
明日、開館までに素知らぬ顔してブックポストに返却と参りましょう。

今日のまでい

4/15
  • 玉ねぎとウインナー、マッシュルームのバター醤油(よそのブログから)
  • 裂き鶏と叩ききゅうりのピリ辛酢醤油和え、胡麻
  • ほうれん草のおひたし
  • かぶ、きゅうり糠漬け

輪切り1,5p厚の玉ねぎをバターのフライパンで焼く。上にウインナー。蓋をして少し蒸す。
仕上げに醤油、鰹節小口ねぎ。バターと醤油のいい香り。


 2017年4月14日(金)晴れ 

やっと温かくなった。毎年ドキドキもんの足の甲のしもやけも、やり過ごした。一安心。
水虫じゃあるまいし、なんでおんなじところに出来るんだろうと、疑問とひやひやの冬越し。
いちばん酷かった5年前の崩れた跡がまだむらむらと皮膚に残る。

ところが、今日の来客、素足にサンダル。
わたしはと言えば、ソックスにルームシューズと冬並の装備。
それでも、足は冷たい。血が通ってないみたい。
思わずお客さんに、たくさんあるルームシューズ「コレ、履いてみる?」と差し出した。
「アカンアカン、履くから足が冷たくなるんや」
???
見れば、上も綿シャツ一枚、ワンボタンはずして、大きな襟繰り。
論理は、肌を包みすぎるから、冷えるんや ということらしいんだけど。
従って、外出時に靴下履くのがつらくって タートルネックで首を覆うと息苦しくて と。

ホントかよぅ。お稽古のKちゃんも、思わず、アトリエから飛び出してきた。「初耳!」。
話しがすすむと、靴下を脱がされそうで。
締めは、「生まれが違うのよ。富山の山ん中。雪の大谷のところ。」けっけっと笑ってお帰りになった。
今日は暖かいけど、まだ、素足になる気はない。
ほんとかよぅ の実験もする気はない。

Kちゃんお稽古。
いよいよ正念場。袖付けとまとめと。
袖付けがいちばん好きな工程なんよ と言ったら、Kちゃんギョェ―ィ!。
ふっくらと肩を包む袖付け。前準備さえ充分しておけば、Kちゃん、意外と簡単にできたみたいでご満悦。
肩はふっくらと、脇の下は引っ張り目でぐっと身体に食い込ませて、身体をすっきり見せる技。
2、3枚縫ったら、袖付け好きになるって。一番の見せ場だもん。

Kちゃん次の作品の予定を立てて。
もう一回、おんなじもののちょっとづつ先を縫って、このやり方で行こう。
手出し口出しをせいぜい少なくする教え方。
教える方だって、実になる教え方に必死なんだから。

今日のまでい

4/14
  • すき焼き風煮
  • なめこおろし 焼き揚げ
  • サラダホウレンソウと新玉ねぎのカリカリベーコンソース
  • かぶ、きゅうり糠漬け

なすはまだ、糠漬けにする気はないけど、今年はキャベツの酸味の利いた糠漬けやってないなぁと。
糠みその世話がしんどくなって、自然と水分の多いキャベツ敬遠してたのかなぁ。


 2017年4月13日(木)晴れ こんな日を光る風と言うんだそうだ 

わたしは元気モリモリだけど、休ませてあげたいのはミシン。
別にミシンにお伺いをたてたわけではないけど、硬くて厚い帯で、御苦労をかけた。
ま、機械だから、その気になると割と走るクセはある。
ただ、明日の生徒さん、絹物。さわさわと縫ってほしい。
ミシンの馬力をリセットして、優しい気分を取り戻してほしい。
長いミシンの経験から、ずっとそう思って来た。
その証拠に、不調の時はとにかく縫いたい布で、使いたい糸で、だっだだっだと縫い続けると、調子よくなる。

お掃除して油を注した後は、不要の薄い布でしばらくミシン。

花に囲まれて。
お誕生日に貰った花は、カーネーション。母の日と兼ねる気だな。でもうれしい。
庭は、チューリップが一斉に咲いた。新しい球根は、やっぱ力がある。今年の新種、葉っぱに葉脈通り赤紫の縞模様。
アネモネもむらさきが済んで、遅れて白。
アイリスは、つぼみではち切れんばかり。
たますだれもするすると伸びて、ムスカリが虫の高層マンション風情。
いい季節だこと。
あとはたけのこ、セリを求めて、ひとっぱしりを息子氏に頼もうか。

今日のまでい

4/13
  • かき揚げ、玉ねぎ、ごぼう、ちくわ、みつば
  • 小さな漬け丼
  • ほうれん草ともやしのナムル
  • あさり赤だし
  • 白菜塩漬け

生協。昨日の手巻き寿司の残りのマグロを甘辛醤油に漬けておいて丼。


 2017年4月12日(水)曇り 晴れ 

お誕生日がメデタイなんて、しゃらくせぃ話さ とずっと思って来た。
母が3年前逝ってから、そうかなぁと想いなおすことが多い。
日を重ねて、ざっと27000日、メデタイ以上にありがたいと思うようになった。
もうちょっとある27000日の余りは、そりゃ、非行の日も無為の日でもあったわよ。
まぁそんな日は、いつか何かの肥料になると考えたら、愛しいじゃない。
いつかと言うのは今からではちょっと図々しいか。

真珠湾攻撃の年に(うちらの時代戦争の歴史で、ものを計らなければならないのがちとつらいけど)生まれた未熟児が、よぅ生き延びたもんよ。
どこが痛いわけでもなく、哀しみも人生のうちさ、乗り越えられないビンボーでもなし、敵も刺激になり、味方は暖かい手を差し伸べてもらいで、のうのうと生きる今日がある。

お誕生日だから好きなことをしようって、決めたのが草むしり。(なさけない)
雨のあとの草のよろこんでいること!
お誕生日だから好きなことしようって決めたのが、布整理。(なさけない)
だって、これが好きなんだもの。

今迄で一番うれしかったのはって、結婚も旅行もそりゃ華やか色に輝いているけど。
今迄で一番悲しかったのはって、近い人との別れや、成せなかったことは、そりゃ哀しみ色に沈んでいるけど。
今迄のことが、礎石になって、今日がある。

76歳、素直に喜べる。
残り少ない旅立ちのスタートにすると、今日は一歩目。

今日のまでい

4/12
  • 手巻き寿司
  • お茶わん蒸し
  • 一寸豆
  • かぶ糠漬け、高菜漬け

ご自由に、ゆっくりが誕生日の夕食。


 2017年4月11日(火)雨 時々曇り 

雨です。それに寒い。
例年より早く暖房器具が終えたと喜んだのに、失敗。
灯油缶も片付けたし、着こむことしかない。
5分も歩けば、お気に入りのさくらがあるのに、それに今日くらいに行かないとと思うのだけど。
さくらの名所膳所公園より、ココのさくらがお気にいり。
川面に枝を伸ばし、水には花びら、淀んだり筏になって流れたり。
車椅子の母を毎年連れて行ったところ。
母の介護の毎日は、「今日は何で喜ばせられるかなぁ」が目標だった。
さくらの季節はいい。
それでも何年か続けるうちに、母の日記の隅っこに、「花を見てもさびしい」と書いてあったのを見つけてショックだった。
元気だからこそ、花も輝いて見える。
母のためにと思いながら、ちっとも母のためになっていなかったことが、たくさんあったのかもしれない。
やり直しができないと思うと、わたしもさびしい。

 やっと形になった。
1本目の簡易帯、もう一つくらい小さなものできるかなぁ。
横サイズは両方帯幅。
左は素直に、織りをそのまま使って。
全部共の帯で縫い重ねるのは、至難の業。右は思いついて、母のしていた薄手の帯と組み合わせてみた。
縫いは少しはラクになるけど。下の帯部分は、前後ともポケット。
これまだ、延々、帯細工が続く。

針は折れる。
待ち針は曲がる。
ハサミは切れ止む。
肩はイカれる。
指先、針の穴だらけ。

そんでも、かかった以上。
自分に呆れながら、苦労は、得るものもまた大きいって、やせ我慢。

今日のまでい

4/11
  • 揚げ鶏と小芋の煮っ転がし
  • 鯵ひらき
  • ごぼうサラダ
  • かまぼことみつばのおすまし
  • きゅうり糠漬け、高菜漬け

今迄何度か、市販のごぼうサラダを食べてきた結果、はじめて、本日自家製のごぼうサラダ。
味は好みの問題だし、狙いはどうしたら、パリッとした歯ごたえになるか。
塩を入れて沸騰させた中にマッチ棒大のごぼうと人参を放り込んで、すぐさま氷水に晒す。遜色ないパリ感。コレで行こう。
味付けは、すり鉢に少しの胡麻を擂って、醤油、砂糖、マヨネーズ。


 2017年4月10日(月)晴れ 寒い 夜半通り雨

異常じゃない、それとも樹勢が衰えているのか。金木犀。
毎日の落葉のすごいこと。2日で45gのごみ袋が満杯になる。
門口一面に葉っぱ。お日さまが照っても、この葉っぱは嵩が低くならないしねー。
毎年、こんなことなかったのに。

出来た!喜んでいるのは、帯仕事に非ず。
もちろん続行中なんだけど、長時間作業は無理だと悟った。
指先に力を入れて裏返したり押さえたりすると、元に戻らなくなって、反対の手で、「ハイお行儀よくなりましょうね。」と直す始末。
それでも形になってくると、カワイイもんで、やりきるつもり。
だって、この帯、仕立てた人が居るんだもの。それも手作業で。
もちろん、うちのミシンだって、手回しの援助が必要で、エィと走ると、針が折れる。
19号の針がボキンと折れると、心臓が飛び上がって、寿命が縮みそう。

そうそう、出来た!と喜んでいるのは、TV、朝の連続ドラマ「ひよっこ」。
きちんと、一日も欠かさず、朝の8時にTVの前に座れた。はじめての経験。
普通なら、この時間、ネクタイ締めながら、トースト頬張りながら、ドラマより、時間の確認の意味の人の方が多いんだろうけど。
ワタシ、きちんと座らないと、楽しめないから。
15分の為に家事を中断する贅沢。見だすと面白い。
次々と、いい俳優さんが出てきますなぁ。古谷一行さんが好きだし。
昔、トレンディドラマの俳優さん、今のじいちゃん役も、いい、いい。
半年間欠かさないつもり。
コレができたら、毎日健康で朝が始まった証拠だわ。

今日のまでい

4/
  • 豚肉豆板醤炒め ニラ
  • 山芋短冊、海苔、かまぼこ、わさび
  • 豆腐としめじの味噌汁
  • 高菜漬け

しばらく店頭に切れていた高菜また入っていたので、もちろん。
近頃、糠味噌のお世話がしんどくなってきた。これから気温が上って、ますます、お世話が必要になるのに。


 2017年4月9日(日)小雨 午後曇り 

チャンスはチャンスなんだけど。一人の日曜日。

京都に行こうか。帯があんまり硬いので、嫌っている市販の持ち手買って、ラクに仕上げた方がいいし。
アカン、たとえ雨でも、さくらのピーク。京都の混雑を思うと鬱陶しい。
明日から、新学期のお孫ちゃんたちの顔が見たい。
大阪に行って、帰りに長岡でたけのこ の想いも。
アカン、もう大きいし、忙しくしてるだろうし、おばぁちゃんが行ってペースを中断させても。
ましてや長岡もさくらの名所。

少しの遠出も、なかなか出にくい。
必ず、「ボクがヒマな時に送るから」となる。
ご親切はご親切なんだけど、親切以上にアブナイと思われているらしい。
なかなかねー、足の向くまま気の向くままの暮らしは遠のいて。

考えているうちに、今からじゃぁの昼。
結局、家でごろごろ。

興に乗ってミシンを踏むか、いいや、この肩、長持ちさせるためにはと、
損得勘定している間に、夕方になって。
結局、台所に落ち着いた。
うーん、まったく自由な年寄り暮らしも、忍び寄る制限。
パソコンの前で、さっさと出かけたらよかったなぁ と、今日の一日。

今日のまでい

4/9
  • レタスの豚肉巻 おろしぽん酢
  • ニラ玉
  • 根菜のとろみ汁 塩鮭
  • かぶ糠漬け

野菜をいっぱい使いたくて。こんだけ使ってもまだ10種にはならん。
さて、こんにゃくと厚揚げは、野菜に数えるのかな。


 2017年4月8日(土)終日しとしと雨 

雨と帯で参っております。しとしと雨は、じーんと攻めるし、帯は硬いし。
最高の太さ19号のミシン針は一目縫うたんびに、どっすんどっすん。
肩にじんじん。
裁った以上は、もう根性で。
それにしても、帯のうちでも最高に硬いのから選ぶかねー。
こんな面白い表情の布、早く布貼り絵の青田さんに送りたいから、裁ち屑が目的でもある。

お直しが着いたとゆきちゃんから。
「どうさせて貰ったらよろしいやろ」と手間賃を言いたいらしい。
返事をする前に、「出世払いでいい?」とたたみこむ。
今から出世のアテがあるんかぁ?
「昭恵さんから、貰っておくから。あの方ねー、いったん付き合えば、ずっと続くらしいよ。メール打ってみる」と答えておいた。
お直しでお金を貰う気持ちはさらさらない。プロが作った既製品に対峙して、達成感と言う大きなご褒美を貰っている。

雨の訪問者。常、交流が無いけど、おんなじ町内の人。
町内の人のつきあいによくある、おずおずとしたところがないし、気持ちのいい方だなぁと思っていた。
突然に「ブログ、やめんといてね。わたしのお気に入りなんだから。」
「また読んでみたくなる文章だ。」と。
なんの変哲もないバァサン暮らし、今日もおもしろくねぇーなぁと、パソコンに向かって、一日を振り返るだけ。
びっくりして、うれしかった。
やさしいねー。ありがたいねー。

息子氏が、上手く逃げる。
スープスパの味を尋ねたら、「可もなく不可もなく」
もちろん、当たり障りのない食べ物の話くらいでしかしゃべることがないから。

コレで上等よ。
「可」だけでは、息がつまる。「不可」だけでは、かわいそ過ぎる。
楽しい会話や、びっくりする励ましに出会って、「可もなく不可もなく」の暮らしだから、こころに沁みて。

今日のまでい

4/8
  • スープスパ
  • レタスと新玉ねぎのサラダ、炒り卵
  • 揚げ物3種 鶏ささみおおば巻、チーズ揚げ、新じゃがの素揚げ
  • きゅうり糠漬け

新玉ねぎが使いたくて使いたくて


 2017年4月7日(金)晴れ午後雨 

同級生、お誕生日。多分クラスで一番目の誕生日だと思うんだけど、おめでとう。
わたしももうすぐ、また1年、生き延びましょうね。

ゆきちゃんのお直し完成して、送る。
やれやれ、いちばんドキドキ仕事が終わった。肩の荷が下りた。
労働者諸君には申し訳ないけど、義務の仕事がなくなると、ほっとする。

燃え尽きて なんて、いかにも真摯で元気な若者みたいけど、メンタルじゃなくて、字の通りの燃焼。
ストーブの片付け。日向に並べて、空焚きして、片付けることをずっとやってきた。
正しいかどうかわからないんだけど(TV 「それダメ」でやってほしい。)
主人がずっとやってきたから、踏襲してる。
ところが昔のストーブやファンヒータ―より、進化していて。
白灯油が少なくなると、「給油」サインが出るのが忌々しい。絶対、まだ灯油タンクに残っているもの。

ガスが点きっ放しになってます、
お風呂が沸きました。
冷蔵庫の扉が開いてますよ。
ご飯が炊けました。
洗濯完了ですよ。
空調の温度を変更しました。
果ては、お尻、やわらか目のお湯にしますか、とウオッシュレットが侍ってくれると、何か上から目線感じて。

サインを出したり、おしゃべりする。
うーん ありがたいんだけど、頼っているところもあるけど。
機器の進化は、イコール、快適なのかどうか。
機器の進化 イコール、人間の退化になりそうな気もする。

囲碁ソフトが名人に快勝する。
記憶能力のすごさは、予測されていた。
場面場面で応用能力を発揮されると、やがてのちのち、地球支配は人間でなくなるような気がして。

進化は確かにくらしを快適に安全にしてくれるんだけど、バァサンの頭、ボケさせてくれそうな、気もする。

タンク、空っぽにして、ピカピカに磨いて、片付けたいんだけど、どうも、タンクの底が乾ききっていないような気がして、気持ちが悪い。
まぁ、部屋の真ん中にふゆのあいだ鎮座していたストーブや赤外線ヒーターを片付けて、そこだけが、ちょっと、今日のいい気持ち。
いつまでも寒かったのに、例年になく早やじまい。
例年、5月の連休の仕事だったから。
こんなところだけで、暮らしの喜び感じさせていただきますか。
そのうち、温度によって、さっと姿を消すまで、進化するか。

今日のまでい

4/7
  • 酢豚
  • 板わさ
  • きんぴらごぼう
  • 高菜漬け

酢豚 まぁ98円のパイン缶、よく間に合うこと。
もうちょっと大きな缶買う予定だったけど、プルトップじゃなくて、缶切りが要るの。
開ける力が自信ないしねー。


 2017年4月6日(木)晴れ夜半から雨 

とりあえず医者。予約が取れなかったから、薬だけ。
たとえまともに薬を飲めてなくても、お医者さんは裏切れないしなぁ。
ピンチの時のためにと思う。
お医者さんだって、ひとの子、まじめな患者には一生懸命になってくださるだろうし、ええかげんな患者にはそれなりに のつきあい方だと思う。
ワタシ、ええかげんな患者に近いけど。
次の予約をとって、ついでに大腸がん検査の容器を貰って、予約日の1週間前にさえ出しておけば、結果も解かるし。
大腸がんをやったゆきちゃんは、「うーん、検便はなぁ」とあんまり信用してないらしく、さっさと腸内カメラをと勧める。
そう簡単に言ってくださるな。
一度経験したけどもうこりごり。
お腹の容量は小さいのに、胃は垂れ下がっているし、そこに並の腸を納めたら、狭いところで、曲がりくねって、もつれてで、考えるだけでもイヤ。

ひとつ用事済ませたぞぅ で、午後は機嫌よく針仕事。
なかなか帯は硬くて難儀。
難儀なのはミシンの方だけど。扱うわたしはなだめ、祈る配慮が要る。
ゆっくりゆっくり地味仕事。

聞こえてくるワイドショウ。
問題閣僚がまた一人、今度は復興相。
失政がやむなくふるさとを追い出し結果、避難しているのは「本人の責任」だと。
大臣以前の問題、人間以前の問題。大のおとなか、ひとの子か。
恥ずかしい発言をしているという自覚がないから、激昂で対処するおそまつ。

↓ 息子氏が言う。
「このごろサラダに凝ってるの」 いいや、レタス1個、新しいうちに食べてしまいたいから。
更に息子氏が言う。「ボクは、菜っ葉だけのサラダがいい。パイナップルは甘いものとして、それだけで食べたい。サーモンはサーモンだけの方がいい。」
いいや、おかずつくりは、おかぁさんの趣味だから。
考える楽しみ、盗るなよ。

今日のまでい

4/6
  • スモークサーモンのサラダ、レタス、新玉ねぎ
  • あさり酒蒸し
  • お煮しめ 大根、厚揚げ、こんにゃく、ちくわ
  • かぶ、きゅうり糠漬け

生協。


 2017年4月5日(水)晴れ 

 今日もご馳走。
単にレタスのサラダ風だけど、実は、温サラダ。

ちぎったレタスの上におわしますのは、チンして一定温め、塩コショウで炒めたごろごろ野菜、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモと、コレもごろごろ切ったきゅうり、パイナップル。
湯通ししたイカとエビ。
これでもまだ、単にサラダですが。

ソース。パイナップル缶のジュースを炒めた野菜のフライパンにジューンと。

今から15年ほど前に思いついたもの。

菜っ葉の端境期には、冷凍の枝豆でみどりを、果物の端境期は、朝の果物はパイナップルで凌いでおりました。
パイナップルの漬け汁、パイナップルそのもののジュースに、甘みが加えてあるのでしょう。
どうしてもこれが残ってきます。
甘さもあっさりしています。コレをソースにすれば、、。
塩を少し足しただけ。油は野菜を炒めたもので充分です。
熱いフライパンにまわしかけると、仄かに甘味と酸味がひろがって、野菜にも味がしみ込みます。
新玉ねぎの甘さが引き立ちます。玉ねぎだけは、火を通し過ぎるともったいない。がりっと音のするくらいの新玉ねぎ、これがいちばんおいしい。
魚介類も、あるもので。
今の季節なら、ホタルイカもいいかな、へいで炒めた生鮭や鱈もやってみたいし。お刺身の出来る生貝柱でも。
肉類より魚介の方が相応います。

実はなんで、今日コレを作ろうと思いついたかというのは「むかーしね、教えてもらったパイナップル缶のサラダ、もういっぺん教えて」とメールがありました。
ほんじゃと言うわけで。
温かい具材のおかげで、大量のシャキッとさせたレタスも、嵩が低くなります。一人で半分くらいレタスを食べられるのがうれしくて。
メールのおかげで、久しぶりにこのサラダ楽しみました。

毎日三度のご飯、大概は手慣れたもので済ませますが、時にいろいろやって、好評だったり、食卓の家人が「黙って食べる方がいいみたい」ちゅな顔の時もあったりで。
小さな台所も、数々のドラマを生みます。
今夜もたくさん食べられました。

今日のまでい

4/5
  • パインサラダ
  • 鯵ひらき
  • 小松菜といかの中華炒め
  • 豆腐、卵豆腐の金銀すまし みつば
  • 白菜塩漬け

サラダに使ったいかの残りで、小松菜と中華味炒め。


 2017年4月4日(火) 晴れ

常、年甲斐もなくバタついているバァサンも、家が片付いて、布置き場が整然となると、気持ちに余裕が出てくる。
あとは、使いたい手芸材料を買いにゆく。
誕生日特別割引があるから、コレもいい気分。
さくらの京都は大変なんだけど。

コレは確かにほうれん草。先日蒔いたのが、種の殻をかぶって、ひょろひょろと立ち上がっている。アリガトね。

 余裕で台所。懸案のはんぺん。
はんぺんを潰して、お出汁を取った椎茸、グリンピース、シメジ、エビを混ぜ込む。
より、ふわふわ感を出したかったから、山芋にするか、泡たてた卵白にするか。今日は卵白でつなぎ材と塩少し。
銀あんを作っておいて、あとは食べる前にフライパンで落とし焼き。火を止めてから、蓋をして、しばらく蒸らす。
庭の木の芽も、たけのこよりお先に使おう。
グリンピースがちょっと硬い。銀杏にしてもよかったかなぁ。
洋風にするなら、ハムとコーンにコンソメジュレでも。
なんてことも無いけど、こんなのが食卓にあるとホッとする。
こんなのおばぁちゃんに食べさせたかったなぁ。
楽しんで居ながら、新しいものを作ると、胸キュンも。気持ちに余裕を持って介護したかったなぁ。

明日の朝は、↓残った鮭缶と玉ねぎのオムレツを作る。
卵白を使った残りの黄身も混ぜれば、きれいなオムレツができるだろ。
なんと、身持ちのいい奥さん。いえいえ単にケチなだけ。

実は先日、わたしのHPを訪ねてくださる方が、「毎日のおかずの参考にしてる」と。
料理のプロでもないのに、恥ずかしかったんだけど、日刊に書いてもいいんだ とうれしかったので。

さぁ明日から、帯にかかる。
好きな素材だけど、わたしよりミシンの馬力お願い。

手元がスカッとした分、医者と京都手芸店、出かけるのがめんどうだなぁ。

今日のまでい

4/4
  • かつおのたたき、新玉ねぎ、紅ショウガ
  • はんぺんの落とし焼き、銀あん、庭の木の芽
  • 鮭缶と、玉ねぎ、ジャガイモの煮物、人参
  • きゅうり糠漬け、高菜漬け



 2017年4月3日(月) 晴れ

いたく熱心に整理遂行。やりだしたら、止まらないのは、ええ性格か困った性格か。
今日あたりになると、宝物探しの感じ。
ほっとうれしくなったもののひとつに、コーヒー豆が入った、どんごろす。
ひたすら集めていたのは、もう40年。
西武百貨店がオープンしたころ。
100円のコーヒー店があった。
お勤め帰りの買い物に、決まって一息入れたところ。
店の隅っこに雑に丸められたコーヒー豆の袋が、どうも気になってしょうがなかった。
何するあてもなかったんだけど。
通いに通って、いつの間にか、コーヒー豆の袋のひとになった。
貰って帰って、何度も雨にたたかせ、毛羽を取った。
ブラジルからお船に乗って日本にやってきたこの袋、よもや、こういうところに残されているとは、コーヒー豆の方が、びっくりしてるだろ。
多分、うれしい麻。今はもう違うでしょうねー。
自分でも、なんでも欲しがる人ですなぁ と可笑しい。
さぁ、太い糸で、刺しこんでみましょう。
多分、布貼り絵の青田さんも、貼り絵材料に面白がってくださるかもだし。

外国からの輸入品続きで。
朝の果物のリンゴが日に日に高くなってゆく。
なおかつ、不味くなってゆく。バリッと噛む快感はほど遠い。それはそれで、季節柄だし。
当面は、はっさくとネーブルで凌いでいるのだが、このネーブルはアメリカ産。安い。
今どきは飛行機なんだろうけど、この子たち運賃はどうなっているんだろと思う。
やっぱ、中国産は敬遠だけど、外国の食材は、けっこう使っているし、
ふところ具合で、外国産の牛肉で済ます。ワタシお肉食べないから、コレでごまかせという気持ちも。
外国産と解かって買う以上に、自給自足出来ない我が国の事情なら、知らないうちに食べているものもいっぱいあるだろ。
そういや、昔、畜産課勤務の時、忘年会のすき焼きで、畜産課の専門の技師さんが、宴会の皿に盛られた牛肉を、自前で用意された近江牛に差し替えてにんまりなさっていたことがあった。

家でごそごそは、宝物を探しだしたり、暮らしぶりを思い出したり、あの人この人の記憶を呼び戻す。

ひとつだけ今日決めたこと。そんなたいそうなもんでもないけど。
NHKの朝のTV小説、今日から始まる「ひよっこ」を毎日見ることにしよう。
実は、今迄、見たことがなかった。
決まった時間に15分とるのが、困難だったり、苦痛だったりの今迄だったけど、これも楽しみにしよう。
桑田佳祐さんが歌ってるなぁで、気づいて。

今日のまでい

4/3
  • 八宝菜
  • 焼売
  • きんぴらごぼう
  • かぶ糠漬け、高菜漬け

冷凍庫の焼売を食べにゃで、つながりで八宝菜。


 2017年4月2日(日)晴れ 

「お天気がいいのでうれしい」とメールが来て、やがてKちゃんお稽古に。
一寸間が空いたから、今までのおさらいと点検。
9割がたブラウスができた。
形になってくると、何度も着てみながら、ちょっとづつちょっとづつ身体にあわせてゆく。
仮縫いしてから、仕上げてゆくのが常道だけど、最初だから、面倒なことして、イヤになるよりと、わたしの教え方。
結果、型紙を補正していったら、Kちゃんの基本の型紙ができる。
この型紙を応用して今後に使いまわしてゆく。
「本当に洋裁の勉強したいなら、きちんと、洋裁の先生に習った方がいい」と勧めても「クロちゃんだから来るのよ」とうれしいこと言ってくれる。
勘所と気楽にいくところさえ押さえれば、あとは本人のやる気。
手取り足取りでは、ひとりになったときの力にはならない。

やる気の人を見ているのは、楽しい。
「夏に結婚式があるの」 と次の算段が芽生えているらしい。
なかなか教える方も忙しくなってくる。せっせとサンプルになるようなの作りましょう。
相乗作用が、お互いを盛り上げてゆくようになったら、しめたもの。

昨日の続きで、整理。
冬の衣類も、嵩の高いものから手を付ける。
寒いのはつらい。暑くったってつらいけど、寒さは、命とかかわるような気になって。
来年はもっと堪えるだろ。
作るなら温ったか衣類だなぁ。

今日のまでい

4/2
  • ほたるいかと玉ねぎのスパゲティ、水菜
  • ハムサラダ、野菜と炒り卵
  • 丸干しイワシ、塩辛、シイタケ昆布と寄せ集め
  • かぶ、きゅうり糠漬け

昨日残ったホタルイカ、TVで漁場のホタルイカ祭りの屋台で、スパに使っているのを見たから、
ソースにこぶ茶を混ぜてみた。自家製ソースであっさりしすぎ。



 2017年4月1日(土)晴れ 

今日は記事がありません。
足の裏がぺったんこになるほど、家の中、ごそごそしてました。
テスト前に洋服ダンスを整理していた、高校時代と重なります。
もう一夜漬けの利かない身体だから、じっくり構えるために、そこらじゅう整理をしたかったのです。
棚ひとつ占領していた家族の古いアルバムも、押入れの奥にしまいました。
だって、アルバムを見て感傷にふけることも無く、ほこりを払うだけのものでしたから。
テストは自分を試してみたいという目標です。

4月1日、バァサンにも、光が射しこみました。
元気でいこう。1年後、もう一度作品展をやろう。
大それた宣誓にしんどさはつきまとうものです。
しんどいことを避けて通ったら、面白さもまた避けてしまいます。

去年の秋、作品展のあと、ぞっとしていたことは事実ですが、世界が広がったのも事実です。
わたしとわたしの作品が、新しい人との交流を生みました。
ひとの感性の面白さに、新しい細胞が生まれたようだと感じていました。
この歳にして新発見ができるということは、ありがたいことです。
元気に生きてりゃ、取り込むことができます。
人生、捨てるか取りこめるか、すべて、自分にかかっています。
それにね、作品展を目標にすると、恥ずかしくないものを作りたいと思えるだけでも、毎日が弾むでしょう。

いい春をスタートします。
頑張るんじゃなくて、面白さを探る日々で、1年やってみよう と。
わたしも懲りないねーと半分笑っているのも、また、楽しいもんです。

今日のまでい

4/1
  • 柳川鍋
  • ホタルイカと庭のネギで辛子酢味噌
  • 白菜とほうれん草のおひたし、レモン醤油
  • 高菜漬け、たくあん

うなぎのきれっぱしで、柳川鍋。お腹が膨れすぎるから、グラタン皿で。

indexにもどる 前月以前の分は、上枠「暮らしだいすきリスト」からお入りください。